CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 生地のご紹介 | main | 大きな差を生むスーツのラペル幅 >>
ポケットチーフの美学
ポケットチーフを挿すということは、その人自身のスタイルと
ポリシーの自信の表れである・・・
というと、少しオーバーに聞こえるのですが、自己を巧みに演
出してくれる名脇役であることには、違いないと思います。

少し敷居が高そう・・・や、気恥ずかしい等のご意見も良くお
伺いするのですが、まずは簡単なモノから勇気を持ってオシ
ャレを楽しみ、自己に磨きをかけみるのも、良いのではないで
しょうか。 

ポケットチーフの素材には、リネン・シルク・コットンがあ
ります。
そして、素材の選び方と挿し方には最低限のルールがあります。
そのルールに気を使いながら、楽しんでみましょう♪

まずは、初心者がトライしやすいシンプルなスタイルの
「TVフォールド」

米国のテレビ関係者らが、テレビ映えしながらも嫌味のない
ポケットチーフの指し方を考案されてできたといわれるTV
フォールドは、最もフォーマルとされる定番スタイルで、白
のリネンなら、ビジネスシーンやスピーチ等に一番適してい
たたみ方とされています。
実のところビジネスシーンには、厳格なルールはないのです
が、取引先との商談や重要な会議、社会人として他人とのコ
ミュニケーションを気持ちよく図るためには、やはり、いち
ばん無難かつ清潔な、TVフォールドが良いとされます。


「スリーピークス」

正礼装をする結婚式やパーティ等に用いられるチーフの挿し
方です。
燕尾服・タキシード・モーニングの場合には、麻や綿の白い
チーフが採用されます。


「パフドスタイル」

代表的なチーフの挿し方で、無造作に挿すことからカジュア
ルなスタイル向きとされ、しなやかなシルク素材が適してい
ます。

「クラッシュドスタイル」

パフドスタイルと同様でカジュアル向きなスタイルで、華や
かなシーンに用いられ、しなやかなシルク素材が適していま
す。

最新記事のポケットチーフの挿し方はコチラから

皆さん、いかがでしたか。

あまり堅く考えすぎず、基本をキチンとおさえた上で、胸元
のお洒落を楽しんでみるのもいいものですよ。
まずは、TVフォールド!!
慣れれば気恥ずかしさなんて忘れてしまいますよ♪



ロブザーコではあなただけのこだわりの結婚式・披露宴・二次会用スーツや
タキシード、新郎様の衣装を、約25日間でお創りいたします。


ポケットチーフやネクタイ、カフリンクス等の選び方や使い方 で簡単にドレスアップできる方法をお伝えしております。また、フォーマルシーンでの正しいスーツの着こなし方やコーディネート、スーツの色選び、その他 について、わかりやすく詳しくご説明いたします。そして式後は普段のスーツとして『着まわしの効くスーツ』としても着用して頂けるようアドバイスもさせて 頂いております。

集中して良いスーツ創りをするため完全予約制の小さなオーダーサロンですので、週末は混み合う場合がございますが「今から行っても大丈夫?」とお気軽にご連絡頂ければ幸いです。
お客様にイメージして頂くよう多数サンプルスーツや生地を取り揃えておりますので、わかりやすく丁寧にご説明しながらお創りさせて頂くことをお約束致します。
お気軽にご連絡をお待ちしております

人気ブログランキングへ
応援 “One Click!” よろしくお願い致します。



| ネクタイ コーディネイト | 02:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
この前、教えて頂いたチーフの挿しかたですね。
あれ以来、色々と愉しんでます。
最初はちょっと恥ずかしい気もしましたけど、
慣れてくると、ないと逆に寂しくさえなってきました笑。
これからもスーツの愉しみ方を色々と教えて下さい。
| Hです | 2008/04/12 12:32 AM |
Hさん、いつもコメント有難うございます。
僕もチーフを挿し初めた頃は、気恥ずかしさ
いっぱいでしたけど、今ではあたりまえにな
ってしまいました(笑)
今回のブログは皆様にも、もっとお洒落を意
識して愉しんで頂きたいと想っていただけに
Hさんがチーフを色々愉しんで頂いているよ
うで、本当に嬉しいです♪
これからも一緒に色々愉しみながら、スーツ
を着こなしていきましょうね。
| robuzaako | 2008/04/12 3:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.robuzaako.com/trackback/685355
トラックバック