CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 結婚式スーツ/披露宴スーツ/二次会用スーツの正しいスーツの色選び     チャコールグレイ編 | main | オーダーシャツ 大阪府在住T様 ホリゾンタルワイド (ネイビー ロンドン・ストライプ) >>
結婚式スーツ/披露宴スーツ/二次会用スーツの正しいスーツの色選び     ブラック編
結婚式/披露宴/二次会にゲストとしてご出席される際の正しいスーツの色選び』についてのお話です。今回は『ブラック生地』についてご説明いたします。

以前コチラでお伝えしたように結婚式/披露宴/二次会用などに出席する際は、
必ず男性のスーツの色は黒スーツ着用である!=×です!
つまりスーツの色は黒に限らないという事です。フォーマル=黒という考えは日本特有の考え方で、(日本古来の紋付袴の影響だとも考えられています)ヨーロッパではミッドナイとブルー・チャコールグレイのスーツが一般的で定番とされています。
その影響もあってかここ10年〜15年ではフォーマルのルールも変わってきて、10年前は絶対NG だったことも現代ではOKになったことがいくつもあり、日本でもようやく黒以外の色が認識されてきています。…とはいうものの
「やはり定番のブラックスーツがいい」
「いつもと違うブラックスーツをお洒落に着こなしたい!」
「周囲の方と同じではなく、少し差をつけたブラックスーツを着てみたい」
 
…etc という方にお薦めの
『ブラック生地』のご紹介です。

まずはブラック生地の無地 を並べてみました。
写真でどこまで伝わるのかはわかりませんが、一言に「ブラックの無地」といっても様々な質感や色の深さに差があるのがおわかりになると思います。


そしてこちらは ブラック生地の様々な織り柄シリーズです。
無地と同様に様々な色の深さがあるだけではなく、様々な種類の織り柄がございます。
無地に限りなく近いあっさりと織り柄の入ったマイクロヘリンボーンやオルタネイトストライプ、インパクトのあるシャドゥストライプ…etc  
お好みにもよるのですがブラック生地の中でも無地にするのか、シャドゥストライプのような織り柄を選ぶのかついつい迷ってしまいますね。

.好肇薀ぅ徂が約1.5cmのシャドウストライプです。
仕上がるとこのように なります。




△海舛蕕 シャドゥストライプが仕上がると…
このように なります。



こちらの シャドゥストライプが仕上がると…
このように なります。



い△函嵜茵廚弊乎呂箸靴討呂海舛蕕 ベルベット素材もございます。
ベルベットで仕上げるとこのように なります。

モードな演出も許される場ならこのようなベルベットスーツもお薦めですよ。
ベルベットスリーピーススーツの詳細はコチラから

ほんの一例ですが、少しはイメージを掴んでいただけたかと思います。

誰もが持っているブラックスーツだからこそ、選び方一つでハッキリと差が表れる色ともいえるでしよう。時にはシンプルなもの程難しくなる場合もありますね。
フォーマルスタイルには厳格なルールがあり、場所・時間帯・立場・格式などによって着用するものも変わってきます。ですのでブラック生地の中でも『必ずこのブラックが正解!』という生地はないと思います。しかしあなた様の着用される場が格式の高い宴なのか、お洒落を楽しむパーティーなのかなど、なるべく多くの情報をお聞かせて下されば的確お選びできます。
大切な考え方は招いて下さった方への礼儀として、相手、場に対して敬意を失わない服装を考えるということです。式の格式や時間帯、相手との関係が人生の先輩・上司、同僚、後輩・部下などあなたの立場でのTPOを踏まえた服装や振る舞いをすることが大切です。

このブラック生地の特徴は…
普段から着慣れている色のため着こなしやすい!
(逆にいえば上手に着こなさないと仕事の匂いをそのまま持ち込んだ普段の服装になってしまう恐れがあります)
誰もが持っているブラックだからこそ、選び方によっては周囲の方とハッキリ差をつける事ができる
式の後も普段のスーツのように着まわしやすいため着こなしの幅が増える
という特徴のある色です。

「やはり定番のブラックスーツがいい」
「いつもと違うブラックスーツをお洒落に着こなしたい!」
「周囲の方と同じではなく、少し差をつけたブラックスーツを着てみたい」 
「でも… 会場で自分だけ浮いてしまって恥をかきたくない… 」

という皆様のご要望を叶えてくれる『ブラックスーツ』を、ロブザーコのスタイリッシュなフィッティングでスーツを創ってみませんか。

失敗しない生地選びのコツはお客様が「何を優先されるのか」が重要となります
・『着用シーンを結婚式や披露宴のみと考えてのスーツ選びを優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はビジネススーツとしての着用を優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はプライベートスーツとしての着用を優先されたいのか』… etc
ご希望も様々ですが「まずは何を優先したいのか」を考えてから生地選びをされることをお薦めします。もちろんフォーマルウェアのルールのご説明やアドバイスも丁寧にさせて頂きます。
中には生地選びの際、1時間程かけられる方もおられて「えっ、もうそんなに時間が経ったの!?」とビックリされる方もいらっしゃいますが(笑)、ロブザーコではパパッ短時間で決めたい方も、じっくり選びたい方も丁寧にご要望をお伺い致しますのでお気軽にご相談下さい。

次は国際的なフォーマルの定番とされるチャコールグレイ生地の選び方についてです
チャコールグレイのご説明はコチラ


ロブザーコではあなただけのこだわりの結婚式・披露宴・二次会用スーツや
タキシード、新郎様の衣装を、約25日間でお創りいたします。


またフォーマルシーンでの正しいスーツの着こなし方やコー ディネート、スーツの色選び、その他について、わかりやすく詳しくご説明いたします。そしてご希望がある場合は、式後も普段のスーツとして着用できる『着 まわしの効くスーツ』についてアドバイスもさせて頂いております。

ひっそりとやっております【完全予約制のオーダーサロン】です
集中して良いスーツ創りをするため完全予約制の小さなオーダーサロンですので、週末は混み合う場合がございますが「今から行っても大丈夫?」とお気軽にご連絡頂ければ幸いです。
お客様にイメージして頂くよう多数サンプルスーツや生地を取り揃えておりますので、わかりやすく丁寧にご説明しながらお創りさせて頂くことをお約束致します。
お気軽にご連絡をお待ちしております


ご注文・ご予約・お問い合わせはお電話・メールにて承りしております

【予約制】オーダースーツ ロブザーコ
【住所】大阪市阿倍野区天王寺町北3-18-34 アクセスはこちらをご覧ください
【営業時間】12:00〜20:00 【要予約】
【MAIL】style@robuzaako.com
【TEL】 06-6719-7456 / お急ぎの場合は090-1145-5799 まで
ご注文・ご予約・お問い合わせはお電話・メールにて承りしております

【取り扱いアイテム】
オーダースーツ ・・・ ¥69,800〜 【納期 約25日間】
オーダーシャツ ・・・ ¥13,860〜 【納期 約30日間】
オーダーコート ・・・ ¥99,750〜 【納期 約25日間
その他、ジャケット、パンツ単品オーダーなども承ります

| 結婚式スーツの失敗しない生地選び | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.robuzaako.com/trackback/1405674
トラックバック