CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< オーダーシャツ 大阪府在住T様 ホリゾンタルワイド (ネイビー ロンドン・ストライプ) | main | オーダースーツの着こなし 大阪市在住Y様(ブラウンスリーピーススーツ) >>
結婚式/披露宴/二次会用(フォーマルシーン)の正しいスーツの色選び    ▲潺奪疋淵ぅ肇屮襦縞
結婚式/披露宴/二次会にゲストとしてご出席される方の正しいスーツの色選び』についてのお話です。今回は『ミッドナイトブルー』についてご説明いたします。

「式後は普段のスーツとして着用できるようなスーツがほしい」
「フォーマルウェアを皆と同じような黒スーツにするのはもう飽きた!」
「何か別のお洒落なフォーマルウェアを着てみたい!」
「でも… 黒以外のスーツを着て自分だけ浮いてしまって恥をかきたくない… 」
という方にお薦めなのがこの『ミッドナイトブルー』の生地です。

国際的にフォーマルカラーとされるミッドナイトブルーは、一見ブラックにも見えてしまう独特の奥ゆかしさと美しさのある粋なカラーで、わかる人にだけわかる!というさりげないオシャレの表れがあり、誇り高い上級者向けの第一歩として人気のある素材ですので、式典後も会食やパーティに限らす、夜の席にも活躍の場を広げてくれることで人気を誇っています。
そもそもミッドナイトブルーは、の照明のもとでは黒よりも濃い色に見えてしまう色から命名されました。(黒は素材や照明によって色転びが起こり少しグレイっぽくみえてしまう場合もありますが、ミッドナイトブルーは光の吸収による色転びのない色なので安心です)
また、このミッドナイトブルーとシルバーグレイのタイ等を合わせて、ドレス感 あるフォーマルスタイルも人気があります。
ロブザーコではブラックスーツを1着くらいお持ちの方が、2着目のフォーマルウェアとしてご注文いただくことも多い人気のカラーです。

この ミッドナイトブルーだけを見てしまうと、一見ブラックに見えてしまうのですが…(あえて照明を当てての撮影です)


本来の ブラックを見て比較してみると、ミッドナイトブルーとの違いがだんだんわかってきます。(あえて照明を当てての撮影です)


こうして 比べてみるとブラックとミッドナイトブルーの差がハッキリわかります。
また、このように照明を当てて比較した場合、ブラックは照明によって色転びが起き、色の濃さが変化するのですが、ミッドナイトブルーは色転びが起こりにくいため、黒よりも深い色に見えてしまう何とも不思議な色です。


写真ではわかりにくいミッドナイトブルーの生地ですが・・・
仕上がりは このようになります。自然光が当たるとハッキリと黒色との違いがわかります。


また、ミッドナイトブルーをスーツの生地で選んだ場合、無地にするのか、織り柄にするのかでも迷ってしまいがちです。


ミッドナイトブルーの無地


 ↑ ミッドナイトブルーの織り柄



無地か織り柄か… 皆様のお好みはどちらですか?

ロブザーコでは式の後も着まわしの効くスーツ創りをご提案しておりますので、着用シーンに合わせた生地選びのアドバイスやコーディネートのお話もさせて頂いております。

「フォーマルウェアを皆と同じような黒スーツにするのはもう飽きた!」
「お洒落なフォーマルウェアを着てみたい!」
「でも… 会場で自分だけ浮いてしまって恥をかきたくない… 」
という皆様のご要望を叶えてくれるこの『ミッドナイトブルー』を、ロブザーコのスタイリッシュなフィッティングでスーツを創ってみませんか。

このミッドナイトブルーの特徴は…
黒スーツのように比較的コーディネートもしやすい!
式の後もブラックスーツのように着まわしやすいため着こなしに幅があり!
利便性にも優れ、かつお洒落に魅せることが出来る!
という優れものの色です。
どのスーツの色が相応しいのかは、開催される式の場所や時間帯、相手との関係によって考え方が変わりますのでなかなか一言ではいえません。
しかし何でもかんでも必ずしも黒!という考えが正しいとも思いません。

次回は定番のブラックスーツの生地の選び方について詳しくご説明いたします。
ブラックのご説明はコチラ

失敗しない生地選びのコツはお客様が「何を優先されるのか」が重要となります
・『着用シーンを結婚式や披露宴のみと考えてのスーツ選びを優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はビジネススーツとしての着用を優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はプライベートスーツとしての着用を優先されたいのか』… etc
ご希望も様々ですが「まずは何を優先したいのか」を考えてから生地選びをされることをお薦めします。もちろんフォーマルウェアのルールのご説明やアドバイスも丁寧にさせて頂きます。
中には生地選びの際、1時間程かけられる方もおられて「えっ、もうそんなに時間が経ったの!?」とビックリされる方もいらっしゃいますが(笑)、ロブザーコではパパッ短時間で決めたい方も、じっくり選びたい方も丁寧にご要望をお伺い致しますのでお気軽にご相談下さい。


ロブザーコではあなただけのこだわりの結婚式・披露宴・二次会用スーツや
タキシード、新郎様の衣装を、約25日間でお創りいたします。


またフォーマルシーンでの正しいスーツの着こなし方やコーディネート、スーツの色選び、その他について、わかりやすく詳しくご説明いたします。そしてご希望がある場合は、式後も普段のスーツとして着用できる『着まわしの効くスーツ』についてアドバイスもさせて頂いております。

ひっそりとやっております【完全予約制のオーダーサロン】です
集中して良いスーツ創りをするため完全予約制の小さなオーダーサロンですので、週末は混み合う場合がございますが「今から行っても大丈夫?」とお気軽にご連絡頂ければ幸いです。
お客様にイメージして頂くよう多数サンプルスーツや生地を取り揃えておりますので、わかりやすく丁寧にご説明しながらお創りさせて頂くことをお約束致します。
お気軽にご連絡をお待ちしております


ご注文・ご予約・お問い合わせはお電話・メールにて承りしております

【予約制】オーダースーツ ロブザーコ
【住所】大阪市阿倍野区天王寺町北3-18-34 アクセスはこちらをご覧ください
【営業時間】12:00〜20:00 【要予約】
【MAIL】style@robuzaako.com
【TEL】 06-6719-7456 / お急ぎの場合は090-1145-5799まで
    外出もございますのでお電話の際は携帯電話へお願いします

【取り扱いアイテム】
オーダースーツ ・・・ ¥69,800〜 【納期 約25日間】
オーダーシャツ ・・・ ¥13,860〜 【納期 約30日間】
オーダーコート ・・・ ¥99,750〜 【納期 約25日間】
その他、ジャケット、パンツ単品オーダーなども承ります

| 結婚式スーツの失敗しない生地選び | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.robuzaako.com/trackback/1405671
トラックバック