CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 靴みがき ”グラッサージュ” (鏡面磨き) | main | オーダーコート チェスターコート >>
結婚式スーツ/披露宴スーツ/二次会用スーツの正しいスーツの色選び
 今回は結婚式/披露宴/二次会にゲストとしてご出席される方の正しいスーツの色選び』についてのお話です。

とある休日、街中で信号待ちをしていると結婚式を終えた方々が次の会場に向かう姿をお見かけしました。女性の方達はそれぞれ色鮮やかなドレスを身にまとい、いつもと違うドレスアップされた姿が目に飛び込んできます。 そしてそのすぐ後ろで黒い集団がぞろぞろと歩いている姿が映りました…。 そう…男性達の集団です。
女性達とは対照的で、会社帰りかな?とさえ思ってしまうようないつもと同じような服装で、皆さん同じ格好をし、色は決まって黒、黒、黒…。 それはまさしく黒の集団でした…。
という光景を皆さんは見かけたことはありませんか?

フォーマルスタイルには厳格なルールがありますが、日本ではイベントの重要度によって着るものを変える程度の意識しかなく、基本的な間違いが多いのが事実です。
しかし一般的にはあまり口うるさくいっても仕方もありません。そこで!どこまで基本から崩していいのか、「今の時代に合ったお洒落なフォーマルスタイルを手に入れたい」 「最近お呼ばれされる機会が増えた華やかな式で恥をかきたくない」…etc 思っているあなたに実用的な正しいスーツの色選び』についてご説明いたします。

(左からブラック系、ミッドナイトブルー系、ダークネイビー系、チャコールグレイ系、グレイ系… etc)

まず結論から… 結婚式/披露宴/二次会用などに出席する際、
男性のスーツの色は必ず黒スーツ着用である!=×です!
そうなんです、絶対に黒スーツでなくても大丈夫なんです!

フォーマル=黒という考えは日本特有の考え方です。(日本古来の紋付袴の影響だとも考えられています)
ヨーロッパではフォーマルカラーと言えばミッドナイとブルー・チャコールグレイのスーツが一般的で定番とされています。その影響もあってかここ10年〜15年ではフォーマルのルールも変わってきて、10年前は絶対NGだったことも現代ではOKになったことがいくつもあり、日本でもようやく黒以外の色が認識されてきています。しかし現実として黒スーツ(略礼服)は定番の礼服という事も事実です。
ではいったい何色が正しいのでしようか?

答えは『必ず○○色でないといけない!というものはない』ということです。

まず大切な考え方は招いて下さった方への礼儀として、相手、場に対して敬意を失わない服装を考えるということです。式の格式や時間帯、相手との関係が人生の先輩・上司、同僚、後輩・部下などあなたの立場でのTPOを踏まえた服装や振る舞いをすることが大切です。

では、実際にゲストとして招待された際、どのような色のスーツが時代遅れではない、お洒落なスーツなのでしようか?
まずはブラック系、ミッドナイトブルー系、ブルーネイビー系、チャコールグレイ系、グレイ系など…様々な色のスーツを見ながら考えてみましょう。

ブラック系





ミッドナイトブルー系





ネイビーブルー系




チャコールグレイ系



グレイ系




ほんの一例ですが、少しはイメージを掴んでいただけたかと思います。
どのスーツの色が相応しいのかは、開催される式の場所や時間帯、相手との関係によって考え方が変わりますのでなかなか一言ではいえません。
しかし何でもかんでも必ず黒!という考えが正しいとも思いません。

では時代遅れではないお洒落に魅せる色とは… 
「式後は普段のスーツとして着用できるようなスーツがほしい」
「何か別のお洒落なフォーマルウェアを着てみたい!」
「でも… 黒以外のスーツを着て自分だけ浮いてしまって恥をかきたくない… 」
という方にお薦めの色は

『ミッドナイトブルー』です!
(もちろん何度もご説明しているように場所、時間帯、相手との立場を考慮した上での答えですが…)
次回はお洒落な人は密かに知っているミッドナイトブルーについて詳しくご説明していきましょう。
ミッドナイトブルーのご説明はコチラ



過去の記事:ブラックのご説明はコチラ

過去の記事:チャコールグレイのご説明はコチラ

過去の記事:ネイビー・ブルーのご説明はコチラ

失敗しない生地選びのコツはお客様が「何を優先されるのか」が重要となります
・『着用シーンを結婚式や披露宴のみと考えてのスーツ選びを優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はビジネススーツとしての着用を優先されたいのか』
・『式後も着用できるスーツにしたいが、式後はプライベートスーツとしての着用を優先されたいのか』… etc
ご希望も様々ですが「まずは何を優先したいのか」を考えてから生地選びをされることをお薦めします。もちろんフォーマルウェアのルールのご説明やアドバイスも丁寧にさせて頂きます。
中には生地選びの際、1時間程かけられる方もおられて「えっ、もうそんなに時間が経ったの!?」とビックリされる方もいらっしゃいますが(笑)、ロブザーコではパパッ短時間で決めたい方も、じっくり選びたい方も丁寧にご要望をお伺い致しますのでお気軽にご相談下さい。


ロブザーコではあなただけのこだわりの結婚式・披露宴・二次会用スーツや
タキシード、新郎様の衣装を、約25日間でお創りいたします。


またフォーマルシーンでの正しいスーツの着こなし方やコーディネート、スーツの色選び、その他について、わかりやすく詳しくご説明いたします。そしてご希望がある場合は、式後も普段のスーツとして着用できる『着まわしの効くスーツ』についてアドバイスもさせて頂いております。

ひっそりとやっております【完全予約制のオーダーサロン】です
集中して良いスーツ創りをするため完全予約制の小さなオーダーサロンですので、週末は混み合う場合がございますが「今から行っても大丈夫?」とお気軽にご連絡頂ければ幸いです。
お客様にイメージして頂くよう多数サンプルスーツや生地を取り揃えておりますので、わかりやすく丁寧にご説明しながらお創りさせて頂くことをお約束致します。
お気軽にご連絡をお待ちしております


ご注文・ご予約・お問い合わせはお電話・メールにて承りしております

【予約制】オーダースーツ ロブザーコ
【住所】大阪市阿倍野区天王寺町北3-18-34 アクセスはこちらをご覧ください
【営業時間】12:00〜20:00 【要予約】
【MAIL】style@robuzaako.com
【TEL】 06-6719-7456 / お急ぎの方は090-1145-5799
    外出もございますのでお電話の際は携帯電話へお願いします

【取り扱いアイテム】
オーダースーツ ・・・ ¥69,800〜 【納期 約25日間】
オーダーシャツ ・・・ ¥13,860〜 【納期 約30日間】
オーダーコート ・・・ ¥99,750〜 【納期 約25日間】
その他、ジャケット、パンツ単品オーダーなども承ります

| 結婚式スーツの失敗しない生地選び | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.robuzaako.com/trackback/1405668
トラックバック